2010/03/25

結局

観られれなかった@ゴールデンスランバー

代わりに? DVDで「南極料理人」を鑑賞。かなり力が抜けてる上様(笑)。その後家族の絆は深まったかな?

続きを読む "結局"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/25

本当に怖いのは、、、

「わぁ~、今の怖かったね」と言われたら、「うん、でも、本当に怖いのは、、、

いきただしだぁ~~~!!!」

ってか(・_。)ドテッ!

続きを読む "本当に怖いのは、、、"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/29

さぁ、公開

我らが?上様の主演の「ゴールデンスランバー」が明日公開です。行く?行っちゃう? 行きたいけれど、、、

続きを読む "さぁ、公開"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/01

消極的選択での

政権交代。でも、選ばれたからには意地を見せていただきたい>民主党さん。

と、選挙で終わった8月。私のDVD鑑賞月間でもありました。日ごろほとんど見ないDVD、たまに何かに憑かれたように"かため見"してしまいます(これで、以後1年くらい何も見なかったりするんですが^^;)。

クライマーズハイ、人のセックスを笑うな、チームバチスタの栄光、デトロイトメタルシティ、花より男子ファイナル、アフタースクール、おくりびと、アヒルと鴨のコインロッカー、20世紀少年 -第1章-、I AM LEGEND、20世紀少年 -第2章-、模倣犯、
キサラギ、銀色のシーズン、HERO、容疑者Xの献身、舞妓Haaaan!!!、Brokeback Mountain、20世紀少年 -最終章-

目標は20本でしたが、残念ながら1本足りませんでした。しかも最後の1本はロードショーだし(^^;)

仲居君の「模倣犯」と、ちゃろさんが借りてきた、「I AM LEGEND」は、見なくてよかった。あ、でも、LEGENDに出てきたシェパードはかわいかったです。

20世紀少年は、、、保留(゜o゜)\バキ!

全然期待してなかったのに、意外に良かったのが、「容疑者Xの献身」 これは、まさに容疑者X(堤真一)の映画。幸福はある日突然訪れ、また私たちの望みとは裏腹に崩れてもいく。。。堤真一の演技が胸に迫りました。

「舞妓Haaaan!!!」Viva サダヲ! だし、ここの堤真一がまた秀逸(笑)
「キサラギ」これは、舞台ですね。
「アヒルと鴨のコインロッカー」 佳作。

さて、今秋。「容疑者Xの献身」と同じ東野圭吾:原作の「さまよう刃」が10月公開。「舞妓Haaaan!!!」の最強タッグが再集結した「なくもんか」は11月。脚本にクドカンを迎えた、マツケンの「カムイ外伝」はcoming soonです(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/08

そうそう

マツケンと言えば↓ 遂に映画化ですね。

Sn3j0003

「食えばわかる図鑑」じゃないですよ(^^;)

「ノルウェイの森」結局、これが私にとって最後の村上作品になってしまいました。この長編小説以降、これまで村上作品は一切読んでません。でも映画を見る前にもう一度読み返してみようかと思っています。

小説の冒頭は、映画そのものですが、どうするんだろう? 37歳の「僕」をマツケンがそののまま演るんだろうか? それともカットされるんだろうか?

で、松山ケンイチ。今最も好きな俳優の1人。彼の可能性にはワクワクします。当分ウォッチしていきたいけど、ウルトラミラクルラブストーリーは、手が出せないでいます(^^;)

今週の鑑賞メモ
「クライマーズハイ」「人のセックスを笑うな」「チームバチスタの栄光」「デトロイトメタルシティ」「花より男子ファイナル」「アフタースクール」

今週のガッカリ
「ジェネラル・ルージュの凱旋」って、まだDVD出てなかったのね(T▽T) 「ジャージの二人」が、お店になかった。

と、このペースで、今月中に20本くらいいきたいかな(笑) ねむいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/07

思い出した!

堺雅人って、学生時代のサークルの後輩に似てるんだ。ええ、かわいい子でした。よく手入れされたI.セッターみたいな子(笑)

今週末、「クライマーズハイ」が、地上波初登場するそうで、予告を見てたら、主人公を睨みつける堺雅人の目にやられて、放送が待ちきれず、結局DVDレンタルしてしまった。

私が上様(^^;)好きなのは、潜在意識に刷り込まれてたからかもしれません。

I.セッター似の彼は、私が勧誘したんだな「ねぇ、君、○○部に入らない?」「いいですよ♪(ニッコリ即答)」みたいな。そのせいか私にはよく懐いていて、キャンパスを歩いていると、「○○せんぱ~い」って、満面の笑みで手を振りながら声をかけてきた。こっぱずかしいけれど、長身でかわいくて、目立つ彼にそうやって懐かれるのは、正直悪い気はしなかったです。

ノリが良くて軽いんだけど、反面繊細で神経質そうなタイプの子でした(ああ、まんまセッターかも^^;)。自虐的なところもあって、好きでもない子と付き合って泥沼になったり、、、そんなこんなでサークルからも、ついには学校からもドロップアウトしていった。

でもね、私には彼とちょっと胸キュンな出来事 ←(o_ _)ノ彡☆バンバン  があって、それが今でも、頭のどこかにひっかかっているんでしょう(^^;) だから、あのタイプの容姿に弱いんだ。

さて映画。意外にも堤真一が良かったです。私的には佐藤浩市よりも良かったかもしれない。NHKドラマ版は、佐藤浩市、大森南朋で、これはこれで決まるキャスティングでしたが、俳優2人に色気があり過ぎて(笑)、見てて疲れてしまったから(^^;) 映画版はセリフが聞き取り辛く、苦痛なところもありますが、最後までテンポよく一気に見せます。ただ、ラストのシーンは余計だったかも?

夏は外に出るのが億劫なので、今月は久々、DVD鑑賞月間になるかな?メインはマツケンで(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/16

次は

アマルフィかな?(笑) って、見に行くのか>自分(^^;)

だって、とても美しい町じゃないですか。天海さんも美しいし、織田君には、免疫できてきたしねcatface

暑い季節、映画館は良い避難場所。ちょっと高いのが難点ですが。

Roy_intarai_2

暑い時は、やっぱこれっしょ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/09

観てきた

剱岳 <点の記>

本職はカメラマンである木村監督が、スクリーンに映し出した立山連峰と剱岳は、私の記憶の中のそれよりも、遥かに美しく、そして厳しかったです。

CGや空撮をいっさい使わずに撮られた映像は、映画館の大画面では圧倒的に迫ってくるものがあり、この映像を見るだけでも価値があります。

予想通り、浅野忠信、香川照之の両名は素晴らしい演技で、淡々としたお話であるにもかかわらず、確かな人物像を浮かび上がらせていました。

ただ、やっぱり、私の一番好きなシーンが端折られちゃったのは、痛かったですね。

なので、星4つ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/26

知らなかった

剱岳 <点の記>」が映画になるんですね。

その昔、山屋さんのはしっくれのはしっくれだった頃、新田次郎の小説はけっこう読んでいました。「孤高の人」「銀嶺の人」「芙蓉の人」「強力伝」「縦走路」、そして「アラスカ物語」などなど(そういえば、有名な「八甲田山 死の彷徨」は、未読です)。

1番好きで愛読したのは「孤高の人」ですが、折に触れ読み返し、つい先日も2階の本棚から下ろしてきたのは「剱岳 <点の記>」です。

明治40年、剱岳初登頂をめざす、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎たち一行の、剱岳登頂前夜から登頂へかけての、緊迫感と臨場感が味わいたくなって、その場面を何度も読み返してしまうのです。

この映画、役者陣が素晴らしい。これでダメなら、監督の責任ということで(^^;) 生田役が松田龍平君ですが、松山ケンイチ君でも良かったかも?

Kurobesuiheidou 

画像は黒部の水平道(関西電力がダム建設にともなって通した道)、目指す剱岳は、まだずっとずっと先。私にはもう2度と歩くことはできないだろう、ロングトレールでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

ああ、もう!

只者じゃないです藤本有紀さん。くどいようですが、"ちりとてちん"の脚本は本当に凄い!こんな本書かれて、役者さん方にあんな芝居されたら、4月からの次のタームはどうしたらいいのだ?

私の「朝の楽しみ」の時間が「朝の苦しみ」になってしまわないかと、今から不安(^^;)

それにしても、良かったね(^.^)>小草若ちゃん
かっこよ過ぎだって>四草
おかげで、こちらは朝から涙ボロボロです

でも、まだまだ波乱の予感。あと2週間、存分に楽しませてもらいます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)