« Harry Pepper | トップページ | 2度デビュー »

2010/12/02

間の悪い犬(^^;)

といえば、、、お察しの通り、茶色君sweat01

先月の17日。犬生の一つの節目?である10歳の誕生日を迎えたのに、ブログネタにもしてもらえませんでしたcoldsweats01

翌日。「アップしようかな」と、準備していたら、おめでた気分が一掃される大事件が起きたので、彼の「Happy Birthday~birthday」は、アンドロメダ星雲の彼方まで吹っ飛んでしまったのでした(^^;)

でも、私よりずっと痛手を負ってる当事者の方がいて、その方がせっせと後処理に奔走しているのですから、外野の私がいつまでもヘタレていても仕方ありません。前に向かって進まなきゃです。幸いなことに、我が家は茶色君もアビィもたみこも、みんな元気なのですから。

その茶色君。またもや私の勝手に付き合わされて、10歳の再チャレンジを始めています。

You can't teach an old dog new tricks.

な~んて、英語の諺?がありますね。この日本語版は「鉄は熱いうちに打て」で、それも全く、もっともなことだと思います。でも、決して、冷めた野郎でも(^^;)、仕込めないってわけではないんですよね。

確かに、苦労しています。10年間、「ま、いいか」で通してきたことは、そう簡単には修正できません。先日のFCIインターナショナルトライアルのCDⅡでも、そのことを痛感しました。「これが実力」と。

慣れ親しんだことに関して「それは、こう変えて」ということを伝え、さらに、NEWチャレンジの目標に向かって、新しいことも教えていかなければなりません。(あびちょ注:うん?「こう、変えて」じゃなくて、「全く新しいこと」として伝える方がわかりやすいのかな??)

20101128_cd2_3rd2a

スコットランドの、とある著名なシープドッグの女性ハンドラーが、

"I have found: - Every dog will teach you somthing new about herding -if you allow it."

と言ってました。彼女は、herding(羊追い)について語っていますが、犬と何かを一緒にするなら、何をするにも言えることだと思います。私たちに聞く耳があり、観察する目があって、心に余裕があれば、犬は多くのことを気づかせてくれるでしょうし、彼らに対するアプローチも、アイデアもそこから生まれるように思います。

いずれにせよ問題は、"old dog" の固い頭にあるのではなく、私の「発想」とそれを形にしていく「根気」でしょう。

2010bd_4a

人生で初めて、犬に誕生日ケーキなるものを買ってみた。美味しかったらしい(^^;)

そうそう、例の事件の当事者さんから、お心遣いをくださった皆さんに「心から御礼申し上げます」とのことです。私からも「ご支援、本当にありがとうございました」m(__)m

|

« Harry Pepper | トップページ | 2度デビュー »

コメント

ヒースに~さん、遅くなったけど、お誕生日おめでとう。heart04
10歳にして、新たなチャレンジをしている(させられている?(^^;)ヒース君は、とってもエライと思います。
まだまだとってもイケてるので、もう少し現役でいて、みんなを驚かせて下さい。

それにしても、ケーキを前にしている表情は、一応目が開いているけんども、笑えるわ~~(゜o゜)\バキ!

投稿: まりやん | 2010/12/02 18:18

>まりやん

茶色君に「おめでとう」をありがとう(^^)/
ション兄の後をヒタヒタと追っていきますぜcatface

再チャレンジ。茶色君もそんなにいやじゃないみたいよ(笑)
オビもですが、アジもまだまだ走りますんで、その時は
ハンドラーに「喝」願います(^^ゞ

画像。目開いてるけど、「心ここにあらず」って感じね(笑)

投稿: あびちょ | 2010/12/03 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/50190414

この記事へのトラックバック一覧です: 間の悪い犬(^^;):

« Harry Pepper | トップページ | 2度デビュー »