« 忘れられた犬 | トップページ | 前言撤回 »

2010/12/16

報われた犬

7年のブランクをおいて、この秋からまた参加しているオビの競技会。日曜日は初めてOPDESの競技会に出陳しました。

実は、私、OPDESのオビは一度も見学したことがありません。この日初めて要領を把握すべく、リンクサイドで観戦していると、、、「ああ、何て場違いなところに来てしまったんだろうcoldsweats02」という思いが、フツフツと沸いてきました。

最小限点は0.5点なので、ちょっとしたミスで、すぐに点がなくなってしまいます。結果は、終了すると直ちにその場で講評とともに発表されますから、内容を聞いていると、我と我が犬の未来に暗雲が、、、

競技はリンクに入るところから既に始まっていて、入場の仕方も、間違った入り方をすると直されます。とにかく、何組かのペアを見て、JKCの時のような「指導手ミスだけは避けなければ」と要領を頭に叩き込む。でも、やっぱり不安。

OPDESは進行表が掲示されており、自分の出番が何時ごろか分かっているので、それはとてもありがたかったです。

1つ前の組が(OPDESのオビは2チームが同時に審査されます。1チームが作業中は、もう1チームは休止です)始まる頃、茶色君を車から出して、しっかり匂いとりと排泄をさせて、リンクサイドに向かう。

出番直前、茶色君の耳にそっと囁く、「頼むよ」

一緒に審査されるシェパのオーナーさんに軽く挨拶して、一緒に入り口に向かう。ジャッジは九州のT先生。申告をして、握手。T先生が犬に軽く挨拶。この間も、人の態度と犬のtemperamentを見られているのです。

私とヒースは先に休止から。実は昨日、アジの帰り際にまたもや何かに怯えた茶色君は「帰る~、帰る~」と、怖い怖いモードに入ってしまいました。この日は、置き去り事件(^^;)もありましたので、「これはまずいかも」と、アッコさんに見張ってもらって、その場で休止の練習。案の定、何度も立ち上がる。それを全て修正して、最後に安定して休止している時に、褒めて解放。何とか平常心に戻すことができました。

もとより、人が隠れる休止はほとんど練習していなくて、これも不安材料の1つでしたが、この前日の練習が利いたのか、シェパの競技中、茶色君は安定して待っていてくれました。

そして、私とヒースの作業に。

ご覧のとおり、まだまだ課題満載で、自分自身けっして満足できる内容だったわけではありません。「点数もらい過ぎ」とも思っています。でも、今のヒースの良い所を、的確に褒めてくださったT先生のコメントに、私は正直救われました。過去2回のJKCの競技会でジャッジに泣かされてきましたので、いっそう心に染みたのです。

講評の最初にいただいたコメント
「犬が非常に良くオビディエンスというものを理解しており、指導手に対して安定した気持ちを持ち、最初から最後まで同じような精神状態で実行していた。部分的にもう少し早い動きを希望しますが、減点するような点はほとんどありませんでした」

私とヒースのペアが目指していることを評価してもらえた。10年の歳月を認めてもらえた。泣きませんでしたけど、泣きそうでした(^^;)

若いベルジアン種や、シェパードたちのようなエネルギッシュで、パワーのある演技はできないけれど、いつの間にか、信頼できるヤツに成長していた茶色君。浮き足立つことも、暗くなることもなく、穏やかな気持ちでオビを遂行してくれた茶色君。それは私の「頼むよ」の答えでした。それをきちんと評価していただけたのが、点数や席次よりも励みになり、隠居も許してもらえず、まだまだ引っ張り出されている茶色君の頑張りが、少しだけれど報われたようで、しみじみ嬉しかったのです。

まだまだ新しい課目も勉強するし、修正箇所もてんこ盛で、これからも茶色君は安穏とはできないのですが(^^;)、でも、彼もこの新しいチャレンジを楽しんでいるように思えます。

そして、隣のリンクから小さくガッツポーズを送ってくれたH先生、ありがとうございました。もちろん、この日の"good result" は、先生のおかげです(^.^)

お口直しに、恐れ多くも、私がお手本にした(^^;)H先生の動画をどうぞ。

うぉ~、先生、若い!、、、って、今も十分若いですけども。

|

« 忘れられた犬 | トップページ | 前言撤回 »

コメント

間が悪かったり、忘れられたり、ヒース君、なかなか毎日が波乱万丈だけど(^^; そんな中、よく頑張りましたネ!scissors

ム~ちゃ(&パッソ(^^;)にも、爪の垢を下さい。coldsweats01

投稿: まりやん | 2010/12/16 22:10

間が悪いのは、今に始まったことじゃないんだけど(^^;)
置き去りはね~~coldsweats01

ま、でも、よく空気が読める男になってきました(笑)

*ム~ちゃ(&パッソ(^^;)にも、爪の垢を下さい。

あら、じゃ、お二人もまたやってみる?

投稿: あびちょ | 2010/12/17 09:33

茶色くんがずっとあびちょさんに良い集中をしてるとこがとても素敵と思いました。
さすが10歳らしいいぶし銀の作業ですわ~。confident
オプは科目数が少ないですが、じっさいに競技会や試験という場でやってみると、あの長い脚側は他団体の競技と比べ犬へのストレスが大きく、犬のいろんな面が出やすいように思います。
たぶん「トリック」ではなく「オビディエンス」ってことなんじゃないかな?と思いつつやってます。
ボーの10歳なんて、まだまだ現役だよ。
茶色くん、これからもっともっとかっこいいとこ見せてね。heart04

投稿: みろり | 2010/12/20 15:47

>みろりさん
みろりさんこそ~、>おめでとうございます~note
2歳前でB段階合格って、素晴らしいです~(^.^)
チェッって感じ(゜o゜)\バキ!

長い脚側。個人的には好きですね。歩くほどに犬の集中が
深くなってくるようで。

ただ、茶色君のことですから、今後どう転ぶかわかりませんが(^^;)

*ボーの10歳なんて、まだまだ現役だよ。

でもね、さすがに疲れやすくなってきたよ~。
目は白内障始まってるしね。ま、できる範囲でボチボチやっていきます。
また、ご指導、ご鞭撻お願いしますhappy01

投稿: あびちょ | 2010/12/21 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/50313201

この記事へのトラックバック一覧です: 報われた犬:

« 忘れられた犬 | トップページ | 前言撤回 »