« フィールド ドッグズ ガーデンの夜 | トップページ | ストウブ君がきた »

2010/10/02

Wisp rules!

たいていの人は眠くなる、pedigreeの話(^^;)

今、開催中のアジリティー世界大会、スウェーデンチームが勝ちましたね。

嬉しいことにウィニングチーム3頭のうちの1頭、Cadiはロイロイの異母姉妹です。といっても母犬はロイの祖母ですから、とても近い血統です。

このCadiはB.Dalzielの"Joe(ISDS 272330)" の子ですから、当然、B.DalzielのTwo-time International Supreme Champion "Wisp(ISDS 161487)" のラインから来ています。6代も前ですけどね(^^;)

スウェーデンチームのキャプテンであり、かつての個人ワールドチャンピオン、Jenny DammのInaは、彼女のElvisの娘ですから、B.Dalzielの1998年のReserve International Supreme Champion "Cap"(ISDS 213154)の 孫ということになり、当然"Wisp"のひ孫となるわけです。

JennyのElvisといえば、彼自身素晴らしいアジリティードッグでもあり、シープドッグでもありますが、スタッドとしても優秀さをみせています。Inaの素晴らしいキャリアに加え、今年のSwedish Nursery Final(シープドッグトライアル)チャンピオンに輝いたのは、Elvisのハンサムな息子、Jimi Hendix(きっとギターも上手いのでしょう^^;)でした。

そして今年、UKのシープドッグトライアルフィールドを制したのは、"Cap(213154)"の息子、Michael Gallagherの "Cap" でした。このCap、Internationalの予選をトップスコアで通過して、ファイナルも勝つという、いわば完全制覇でした。羊のラインがかなりブレていたのが気になるのですが、、、あるいは、犬のパワーが強すぎるのかもしれません。

ともあれ、私は、結局 "Wisp" のラインが好きであり、信頼しているのですね。とかく、B.Dalzielのもう1頭の伝説、'1986 Scottish National Championn "Dryden Joe" と比較されますが、Bobby自身が語っているように、「Joeはモハメド・アリで、Wispはマイク・タイソンなんだ。考えて行動するJoe、その前にぶっ倒しちまうWisp」(^^;)

や、考えて行動する犬のが、そりゃ好きですけども(笑)、こういうバイタリティーって、必要だと思うから。それに、彼はそういう強さだけでなく、Bobbyの娘さんが教えるトリックをすぐに覚えて、レパートリーもたくさんあったとのことなので、訓練性能も良かったのだと思います。

Gypや、その娘、息子たちが見せる強い作業意欲の中に、私は密かに時々、かの伝説の名犬を想って、にんまりしてたりするのです(←親バカ)

さて、Wispに対して、もう1頭の大好きな犬、S.Priceの"Davy(ISDS 131049)" を父母両ラインに持っているのが、ベンぞう君です。つまり、2005年のBenXGyp litterは、私にとって魅力ある組み合わせだったのです。続く、、、かな?

|

« フィールド ドッグズ ガーデンの夜 | トップページ | ストウブ君がきた »

コメント

ついついニンマリしちゃうよね~(=^▽^=)えへ♪<え?オマエは呼んでないって?(笑)

投稿: 親カバC | 2010/10/04 02:06

Davy! My favourit! かっこいいよねぇ〜〜。

っじゃなくて、Divoのおじいちゃんだからfavouritになったのだけど(うちの子のおじいちゃんは素晴らしいに違いないという逆転思考。動機が不純)。

幸いな事に、っというか、偶然にも、っというか、当たり前のようにその後の子達にも、Davyの血が濃くはいっていて、幸せで〜〜〜す。

投稿: | 2010/10/04 11:54

またマニアックな日記、書いてるなぁ~と、なかなか読めなかったのだけど(゜o゜)\バキ!
今日、暇だったので、じっくり読んでみたら、(さらに(゜o゜)\バキ!)なんとまぁ!

異様なまでの疲れ知らずの作業意欲は、Wispのラインから来てるのか・・・( ̄□ ̄;)!!
たみこママのパラノイアっぷり見てても、十分理解出来るんだけんども・・・(さらにさらに(゜o゜)\バキ!)

なんか、そんなすごい血統の子を持ってて、何も知らなくてゴメン(^^;

投稿: まりやん | 2010/10/04 19:14

>Cちゃん
にんまりするだけならダダだから、どんだけでも
にんまりしてください(゜o゜)\バキ!

>名前ないけど
わかっちゃうよ~(笑)

*うちの子のおじいちゃんは素晴らしいに違いないという逆転思考。

(゚_゚)(。_。)そうですとも、そうですとも。
実際、Davyのoffspringは際立ってますしねwink

Divoさんは、遠い東の果ての国で、フリースタイルという新しい分野に
道筋をつけた、彼の素晴らしい子孫たちの1頭だと私は思っています。

良かったら"幸せ~を"もう1頭(゜o゜)\バキ!

>まりやん
眠れない夜には最適な記事でしょ(^^;)
番号と犬名ばかりで、意識が遠のくからね。

たみこと、ふねちゃんのカツオ君の父犬"Ulitimate Rob"さんは、
ベルギーの優秀なシープドッグで、Wispの直子です。

Robの同腹の1頭は、アメリカに渡っていて、トライアルのジャッジ
としてUSに来てた、とあるUKの大御所が「今まで見たたくさんの
Wispの直子の中でベストだ!」と言ってるくらいだから、
とても良い犬だったようですし、Robさんのことも、以前来日した
オランダのSergeがとても褒めていました。

あ、いかん、また語ってしまった(^^;)

まぁ、ね、たみこはんのあのパラノイアぶりは、どうかと
思いますが、中には某○ッコさんのように、「そこがいいのよ~、
それでこそ"たみこ" lovely」って、好んでる方もいるのでねcoldsweats01

*なんか、そんなすごい血統の子を持ってて、何も知らなくてゴメン(^^;

いや、ワーキングラインでは割とふつ~の血統だと思うんですが、
アジの人たちって、子犬産ませてる人でも、あんまり興味持ってないよね。

関心はアジができるか?とか、股関節は悪くないか?とか、、、
どっちも大切なことかもしれませんけど、背景に興味を持たないで
繁殖するってのが、私にはよくわからんのです(^^;)

投稿: あびちょ | 2010/10/06 11:35

>>>名前ないけど
>>わかっちゃうよ~(笑)

なんと、せっかく匿名にしたのに〜〜〜、
んなわけない。
名前、忘れて申し訳ない、、、
っと思ったら、このブログのコメントは、
名前が任意なんですねぇ。

>>良かったら"幸せ~を"もう1頭(゜o゜)\バキ!

っど、どういう?
とりあえず、わが家は満杯です。

投稿: kuro | 2010/10/07 11:18

>kuroさん
「名前が任意」設定変えれば良いんですが、なんとなく、
そのままにしています(^^ゞ
以前、匿名の面白いコメントがあったので♪

*っど、どういう?
わはは~、深い意味はないです(^^;)
うちが一杯になったら、送っちゃおうかと(゜o゜)\バキ!

投稿: あびちょ | 2010/10/08 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/49622676

この記事へのトラックバック一覧です: Wisp rules!:

« フィールド ドッグズ ガーデンの夜 | トップページ | ストウブ君がきた »