« 還暦?祝い | トップページ | ベンぞうNEWS »

2010/10/27

2010年 北海道への旅 -3日目- part1-

おっと、すっかり間が開いてしまった(^^;)

旅行3日目、天気は薄曇り。でも、それほど寒いとは感じない。例によって早起きして昨晩車中泊だった茶色君の散歩にでかけました。

2010ho_12

泊まった宿の前は、馬の放牧場のようでしたが、昨日も今朝も馬の姿はありませんでした。

今回、私が旅先に北海道を選んだ大きな理由の1つが、いつも「あ、馬だ~!」で通り過ぎてしまう北海道の牧場で、「ゆっくりサラブレッドたちを見る」というものでした。

日高地方には、海に沿って海岸線から内陸まで、多くの競走馬たちの牧場があります。私は競馬は全く詳しくないので、それらが育成牧場なのか、スタッドたちのステーションなのか、よくわからなかったのですが、とりあえず、宿で手に入れたマップを頼りに、新冠町の通称「サラブレッド銀座」に行ってみることに。

2010ho_14

R235を「サラブレッド銀座駐車場公園」の所で内陸部に向かって曲がると、道の左右には延々と牧場が広がっていて、馬たちが朝の日差しの中で、のんびりと草をはんでいました。車を止めて、しばし見学。携帯で写真をとって、アッコさんに送信。これで気づくかな?catface

食事中の馬たちを左右に見ながら、しばし走ると「優駿スタリオンステーション」に到着。競馬にうとい私でもその名は知ってるし、ぬいぐるみだって持っていた。そう、今年7月に亡くなった岐阜、笠松競馬が生んだ希代のアイドル馬「オグリキャップ」が晩年を過ごした牧場です。

平日の午前中のためか、あたりはひっそりとしていました。今日は一般見学はできないようで、施設の入り口には「立ち入り禁止」の看板が。一応駐車場に車を止めて、歩き始めると、すぐにオグリキャップのお墓?があり、未だたくさんのお花が飾られていて、その人気のほどがしのばれました。

2010ho_15

手を合わせていると、従業員の方がみえて、「どちらから?」と、「愛知県です」と答えると、「上の放牧場まで車で上がって、見学していって良いですよ。オグリの馬房もまだそのままにしてありますから、見ていってください」と言ってくださいました。

関係者入り口から「ほんとうに良いのかな(^^;)」と、戸惑いながらも車を走らせると、すぐに丘の中腹に立つ馬房に着きました。丁度、スッタフの皆さんが、朝のお掃除の真っ最中でしたので、「下で見学しても良いと言われたのですが」と告げると、「どうぞどうぞ」と招き入れてくださいました。

入り口のすぐ傍らは↓

2010ho_20

私でも、名前ぐらいは聞いたことがあります。

そして入り口から3つ目くらいの馬房が、オグリキャップのものでした。スタッフさんが中に入っても良いですよとおっしゃってくれたので、遠慮なく中にも入ってきました。やはりそこにもたくさんお花やプレゼントが飾ってありました。

2010ho_16

柔らかい朝の日差しが差し込む馬房。晩年のオグリの毛色は白馬にちかくなり、とても優しい目をしていたそうです。

馬房を出て、丘を登っていくと、区画された放牧場が整然と碁盤の目のように並んでいていて、一区画に一頭づつ、馬たちが放されていました。ここは、スタッドたちのステーションなのですね。何にも知らない私は、戻ってからネットでお勉強(^^;)

2010ho_18

あたりはとても静で、鳥の声と、時おり通りを走る大型車の走行音が聞こえるくらいです。ゆっくりした時間の中、ゆっくりと馬たちを見て歩きました。

2010ho_17

好奇心と、警戒心に負けて(^^;)、寄って来てくれたオンファイア君↑。彼は、随分長いこと私の前にいてくれました。

キングヘイロー。

2010ho_22

他の馬たちは、皆、遠くで草をはんでいました。マヤノトップガン君はどこにいるのかわかりませんでした。

2010ho_48

彼らはみな、とっくに現役を離れているわけですが、それでもサラブレッドってやつは、美しい生き物ですね。某乗馬クラブの無料体験チケットを持っているのですが、なかなか行けないでいましたが、「近々予約を入れてみようかな」と思いました。

2010ho_19

馬房に戻り、スッタッフを捜しましたが、姿が見えなかったので、「ありがとうございました」と声だけかけて、ステーションを後にしました。

2010ho_21

さて、この後は、日高の海沿い(優駿浪漫街道)から日高山脈を越え(天馬街道)、十勝平野に出るロングドライブです。

|

« 還暦?祝い | トップページ | ベンぞうNEWS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/49859059

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 北海道への旅 -3日目- part1-:

« 還暦?祝い | トップページ | ベンぞうNEWS »