« エリザベータ君 | トップページ | ダイエット その後 »

2010/06/17

茶色君 その後

無事に抜糸も終わり、それなりに元気にはしていますが、なんというか、「老い」が進んだような気がします。今に始まったわけではなく、今年に入ったくらいからでしょうか、時々「ん?」と思うようなことがありました。

例えば、、、それは手術前からTさんにも指摘されていたことですが、羊を追うときのスピードが「ガタッ」というほどではないですが、落ちてきているのです。羊がわっと走ると、カバーしきれない時がでてきました。

アジリティー競技のスピードは、もともとMAXで走る犬ではないので、あまり変わらないのですが、羊にはいつだって、MAXでしたから。。。

もうすぐ10歳ですから、確実に老いはやって来るのでしょうが、やはり寂しい気がします。ノンストップ ブラウン エクスプレスだった茶色君が、羊を前に自ら「ダウン」するようになる日がくるのかもしれません(←いいことだけど^^;)

排便障害の方は、ずっとサボっていた「手作り食」を復活させて様子を見ることにしました。術後もしばらくはフードを与えていたのですが、あまり改善されないので、復活させてみることに。

今後、肥大した前立腺は縮小していくでしょうが、基本的には結腸に「憩室」という器質的な障害を残したままなので、なるべく最悪の事態にならないよう、食事は考えてやらなければなりません。自分の分と合わせて、茶色君の食事&排便日記もつけないとなぁ~(^^;) あ、いえ、私は排便日記はつけてないですがcoldsweats01

2008dec1

そんな茶色君ですが、50?の手習いで、オビのお勉強を再開することにしました。またもや私の都合に付き合わされるわけです。「この暑いのに、気の毒なことよのぉ~」とは思いますが、実は大変なのは、サボリ癖がついてる私の方なのでした。。。 頑張れ!>自分(゜o゜)\バキ!

|

« エリザベータ君 | トップページ | ダイエット その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/48653125

この記事へのトラックバック一覧です: 茶色君 その後:

« エリザベータ君 | トップページ | ダイエット その後 »