« 注目したかったみたい(BlogPet) | トップページ | 8月の終わりに »

2008/09/07

験(げん)のいい子犬?

International Championshipが終わりました。
http://www.isds.org.uk/news/trials_reports_results/08_Intl_Final.htm

2008年のチャンピオンはウェールズの若者、Kevin EvansとMirkでした。おめでとうございます! そして2席には、ナショナルからの好調を持続していたのでしょう、これまたウェールズのチームキャプテンでもあった、Alun JonesとBetが入りました。

ブレースは大御所、Jim CropperのFreetとDanでした。

それにしても、なんというか、うちのロイロイ。あいつってば、験(げん)のいい子犬だわ(^^;)

ロイロイの実家はスウェーデンですが、B.DalzielやK.Evansとは家族ぐるみのお付き合いをしてらっしゃいます。たまたま今年の春、セミナーでスウェーデンに滞在したお二方は、日本に行くために、ケネルに残っていた小さな黒犬に触れることになりました。そうロイロイです。

B.Dalzielは、自身ではあまりブリーディングはされませんし、たとえJoeの子犬といえども、ロイは海外のケネルで生まれた子犬ですから、Bobbyに抱いてもらえるなんて普通はありえません。「トップハンドラーに抱っこしてもらって、まぁ、ラッキーな子犬!」と、親元から送られてきたロイの写真を見て、なんだか嬉しくなったものです。

さらに、それから一月ほどが経ち、ロイが来日する直前には、Kevin Evansが滞在していました。親元から最後に送られてきたロイの写真は、Kevinと一緒に写っているものでした。そして、今やそのKevinは、2008年の全英チャンピオン(Supreme Champion)です。

2人のシュープリームハンドラーに触ってもらって、「ロイロイってば、験のいい子犬だよね」って、Tさんに話すと、「いや、それで運を使い果たしたかも」だって(・_。)ドテッ!うん、そうかも(^^;)、なんたってオーナーが、とことん運にみはなされてる私だもんね。

いやいや、このお二方のパワーが彼にも注入されていると信じて、頑張りましょう。ね、Tさん(゜o゜)\バキ!

Bobby_kevin_withroy1

|

« 注目したかったみたい(BlogPet) | トップページ | 8月の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/42404496

この記事へのトラックバック一覧です: 験(げん)のいい子犬?:

« 注目したかったみたい(BlogPet) | トップページ | 8月の終わりに »