« 美瑛と奥三河 | トップページ | Autumn has come! »

2008/09/26

Agility World Championships 2008

あまり興味がなかったので(゜o゜)\バキ!、今日までろくにチェックもしていなかったのですが、「あ、そういえば今日からだ」と、FCIアジリティ世界大会の公式サイトを久々チェックしてみました。で、あれやこれやと思いをめぐらしながら、ランニングオーダーを見ています。

とうとうカナダがボーダーコリーを出してきましたね。CBCA(Canadian Border Collie Association)は、ずっとCKC (Canadian Kennel Club)にボーダーコリーを登録させることに反対してきました。いうまでもなく、ケネルクラブの登録犬になれば、「能力よりもconformationが優先されるようになる」という懸念からです。

同様の懸念と確執は、イギリスでもアメリカでも起こりました。しかし、ショーの世界だけではなく、今や「ドッグスポーツのあるところにボーダーコリーあり」ですから、ケネルクラブが主催するスポーツイベントに「このブリードを出したい」という、人々の願いもしごく当然であり、決して悪いことばかりではないはずです。私だって、その恩恵を受けている人間なわけですし。

現状は私もよくわかりますし、もうこの流れを誰もとめられないでしょう。それでも、世界のどこかに「ボーダーコリーをケネルクラブの登録犬にしない」そんな国があっても良いと思っていましたし、私は、CBCAのサイトで行われていた「登録に反対する署名運動」にも参加していました。なので、正直カナダのこの結果にはちょっと残念な気もしています(^^;)

カナダチームのランニグオーダーには "Susan Garrett" なんてビッグネームも、「ふ~ん、そういうことか」って感じちゃうし(゜o゜)\バキ!

ドイツのBCケネル、"Granting Pleasure" は、ヨーロッパアジリティにおけるトレンドでしょうか? 今年は出ていませんが、あのスロベニアのシルビアもここのラインの犬を迎えました。

いいんですけど、ええ、いいんですよ、私の犬じゃないし、でも、でも、、、Mossieには、別の交配相手を選んで欲しかったですわ~>アレンさん(゜o゜)\バキ!

と、ざれごとを書いてる今この時も競技は行われ、刻々とリザルトがアップされています。日本ラージはジャンピングでは6位につけていますから、期待してしまいますね(^.^)

さて、またチェックすべか~♪

|

« 美瑛と奥三河 | トップページ | Autumn has come! »

コメント

ミディアムの個人の一位のスイスと、
もう一人上位のイギリスのボーダーコリーってのが、
ちょっと気になりますね。

小さいこはけっして少なくないのだけど、
偶発的に生まれた小さなこかな?
それとも、昨今、世界各国のあちこちのブリーダーのもとに、
mini border collieを繁殖しているか、繁殖する気があるか、
と聞き回っているアジラー達でしょうか・・・?

投稿: kuro | 2008/09/29 11:34

>kuroさん
イギリスのミディアムは出場の3頭全てがボーダーですね(^^;)

以前見たウェールズのトライアルで、来ていた犬たちが小ぶりなので、ベンの親元Deborahに聞いてみると「雌は小ぶりな子が多いいのよ。うちのTegwenは雌としては大きいほうなの」という答えが返ってきましたので、もともと雌で小さい子はめずらしくないようです。

でも、アジのミディアムの体高の上限は43cmですから、それより小さい子というのは、いなかったような気もしますが(^^;)

個人的には、意図的に小さめな子を「求める」は、住宅事情やら,何やらあるでしょうから理解できますが、「小さい子を作る」という繁殖は理解できかねますね。

投稿: あびちょ | 2008/09/30 10:00

もう数年前から、アメリカ、イギリス、オーストラリアのボーダーコリーのブリーダー(ショー、訓練系と言われる人達)が集まっているメーリングリストで、ミニボーダーの問い合わせが頻発している話題がよく出ます。

理由を聞くと、答えが返ってくる場合は、アジリティのミディアムに参加できるボーダーコリーが欲しい、だそうです。シェルティで参加しなさいと答えると、ブリーダー達はいっていましたけど。

たまたま生まれてきた小さいボーダーがいれば、そしてその子が速く正確に回れるようにトレーニングできた人がいれば、そして、アジで良い成績を上げる犬がいれば、ミディアム目的で小さいボーダーを探しまわる人がいても不思議ではない。

需要があれば、供給者は意図的に、、、、という構図は、マールの流行りと同じだと思います。

アメリカには、ミニオージーは、もう既にある/いると聞きました。(ミニオージーの目的は不明ですけど)


投稿: kuro | 2008/09/30 11:50

ぬぅわんと>kuroさん
諸外国では、そんなことになっとるですか?

私が今まで耳にした「小さい子」を求める理由は、「マンションで飼育できる犬の大きさが決められてるので」とか、「女性が面倒をみるので」といったものでした。

知人のミディアムクラスのボーダーで、アジリティをされてる方の場合は、偶発的な小さな子で、逆に「次はラージサイズで」と思ってらっしゃるようです。

でも、確かに競技目的で「捜す」人がいても不思議ではないですよね(^^;)

ところで、スイスのミディアムボーダー。某所で動画を見ましたが、走り方や体型がシェルティに近い印象でした。上下動が大きいし、頭もかなり持ち上げています。

投稿: あびちょ | 2008/10/01 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/42604117

この記事へのトラックバック一覧です: Agility World Championships 2008:

« 美瑛と奥三河 | トップページ | Autumn has come! »