« スーパーモデル | トップページ | こんなヒドイ夜 »

2008/07/22

Agility European Open 2008

AWC(Agility World Championship)の前哨戦、ヨーロピアン・オープンが終わりました。

やっぱりね、というか、ふ~ん、というかファイナルを勝ったのは地元ドイツのSilas Boogkでした。

昨年のAWCでも一度見たら忘れられないハンドリングで、「今、私が見たのは何だった?」と思わずDVDを巻き戻しましたっけ(^^;)

前哨戦をとったSilasですが、さて本命の世界チャンピオンのタイトルを手に入れることができるでしょうか? 注目です。

そして、私にSilasの存在を鮮やかに印象付けるビデオクリップを送ってくれた、ハンガリーのCintiaが、相棒のJosh(ベンの同胎兄弟)とファイナルを11席で終えました。ラージクラスでは300頭以上が参加するEO(昨年あたりから、USのチームも参加しています)におけるこの位置は、立派な成績だと思います(^.^)

そのCintiaとJoshですが、今年はハンガリー代表としてAWCにもqualifyされています。もちろんクロアチアのAlenも順当にqualify。日本チームの活躍とともに、ヨーロッパの友人たちの走りも楽しみです。。。ということで、今年も結局買ってしまうのだろうな~>DVD(^^;)

|

« スーパーモデル | トップページ | こんなヒドイ夜 »

コメント

参加資格は?
お金持ち?
行ってみたい。

投稿: ひかヤン | 2008/07/23 12:50

リンクしたサイトのトップに書いてあるから読んでちょ(゜o゜)\バキ!

日本の場合JKCを通さないと行けないみたいね(^^;)

とりあえず、参加したい方は愛犬にマイクロチップを入れて、貯金することですかね?

投稿: あびちょ | 2008/07/23 13:15

北の快適生活から、灼熱生活に戻ってきたワシです。

ところで、フィンランドへ応援に行くけ?
どうよ、そこのお二人さん・・・。

投稿: ゑびす | 2008/07/23 23:42

なんか書いている事が矛盾していない?
ペディグリー無くても良いと言いながら、
FCIの公認団体のナショナルメンバーのみ?
ナショナルメンバーって何?
あの選考会の派遣メンバーってこと?
でも、各国複数チーム参加しているので20頭ぐらいはいるなあ、そうなるとJKCの許可なんているのか?届出だけでいいのか。
アレンはクラブのチームみたいだし。

ゑびすさん、行けるわけ無いです。
貯金、貯金、将来のために。<無意味かも

投稿: ひかヤン | 2008/07/24 06:31

>ゑびっちゃん
おかえりなさ~い、どうだ、暑いだろう内地は( ̄^ ̄)

フィンランド。名古屋から直行便があるよ。ゑびっちゃんこそ行けば?どうよ。

>ひかやん
(゚_゚)(。_。)あれだけ読んでもさっぱりわからんよね(^^;) JKCにも参加のお誘いが来てるんだろうか?

ひかやんは頑張って将来(AWC)に備えてねん(^.^) 働け~!

投稿: あびちょ | 2008/07/24 09:10

JKCが書いてることは矛盾してても官僚様のための日本は永遠に何かを達成するのは無理じゃない?
ひかやん、Alenの凄いのは日本より100分の一以下の競技人口であれを達成していることやねん。しかも10歳のCitaでね。出て勝つということより、自分と犬の人生は何かって事を決めるほうが先決じゃないの??
Mawich軍がんばろうよ!あびちょさんすいません、お邪魔しました!でもそういうこってす!
 

投稿: ぽっきーぱぱ | 2008/07/25 00:55

>ぽっきーパパさん
全然お邪魔じゃないですよ~。でで、聞いてもいいですか?

*Alenの凄いのは日本より100分の一以下の競技人口であれを達成していることやねん。
の、「あれ」って何を指してるんでしょうか?
あ、ひかやんとの内緒の話だったら、いいんですけど(^^;)

*自分と犬の人生は何かって事を決めるほうが先決じゃないの??
同感です。前に一歩を踏み出させてくれるのも犬たちなら、
立ち止まって「考えろ」と気づかせてくれるのも、犬たちなんですよね。


投稿: あびちょ | 2008/07/25 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/41933690

この記事へのトラックバック一覧です: Agility European Open 2008:

« スーパーモデル | トップページ | こんなヒドイ夜 »