« 行ってきました | トップページ | 位置したかった(BlogPet) »

2008/02/22

まずはプラン

「プランを持つこと。その日の練習の、短期の、中期の、そしてゴールに向けての」
「そんな大げさなものでなくて良いから、練習を進める上で必ず目標を持ち、それに沿ったプランを立てること」

先日のセミナー中、何度となくSergeが受講者に語ったことです。

私の場合、「今日はこれをやろう、これを意識して取り組もう」そういうプランはあるのですが、「果たしてそれがどこに向かっているのか?」が、どうしても希薄なことが、シープに取り組む上で、一番のネックかもしれません。

「出来ないことの言い訳は言わない」と、これもSergeの言葉(^^;) うん、わかってる。
でもね、、、

私の下手クソなトレーニングから、問題をこじらせてしまったヒースを扱えるにはほど遠く、私の技術面も精神面も、うんざりするほど未熟です。そんなわけで現在、シープワークにおける私のパートナーはたみこさん。これがやっかいといえば、やっかいで(T_T)

あくまでも彼女のメインワークはアジリティであり、アジリティにおける彼女のパートナーはちゃろさんです。彼らの目標もハッキリしています(それに向けて、日々精進してるかどうかは別として^^;)。

では、私たちはどこへ向かうのか? 彼らのメインワークの足をひっぱらない程度で行けるところ???  あ~なんだかスッキリしない。既にやっつけ仕事っぽいではないか?
答えは分かっている。でもそれはまた別のプランがその答えにNGを出す。面倒くさい(゜o゜)\バキ!

いや、でもささやかに目標たてますよ(^^;) また聞いてくださいね>あひるかいさん(笑)

画像はベンにシェッドを教えてるSerge。片手にコーヒーのカップを持っててもできる仕事らしいcoldsweats01

Serge_astc5

|

« 行ってきました | トップページ | 位置したかった(BlogPet) »

コメント

そうなんだよ~~プラン!!!
サージの後の 初練習では覚えてたのに、もう2回目じゃあ 忘れちゃってて・・・
ダイジョーブかね?・・・ワシ。

プレッシャーかけて、いわば、「強制で教える」と 私は思ったのだけど、 違う?

まあ、とにかく、それなら、 短期間で、ちゃちゃっとやってしまいたいので、せっせと通うことにしました。

でも、毎回ドロ団子なの~~(泣)

そうそう、セミナー後から 毎回 出す度に震えるP!
いままで、ルンル~~ン♪なシープだったP、
武者震いだと 思うんです!ワタシ!!
どうでしょ?


投稿: あさちゃん | 2008/02/22 21:01

そうなのよ~あさちゃん、プランよ、プラン!

「犬種本来の仕事をさせてみたい」的なノリで始めちゃったこの世界。んが、しかし、どこに向かってるのか?っていうのが明確にならないと、「じゃ今何をするべきなのか?」がわからんのよ(^^;) そしてその私の漠然とした態度が、今の私の犬を作ってると思うのね。

私が今やらなきゃならないのは、強制ではなくて矯正。。。いや修正か? もう1回1番(Serge談)に戻ってやり直しってことかな(^^;)

一例を申しますとですね、、羊のすぐ側をフランクしたがる犬に、「そこじゃないよ。そこでは仕事がやりにくいだろ」というこちらの意図を伝えなきゃならないので、そこで何らかのコレクションは必要になってくる。で、それは犬にスティックを投げつける(^^;)にせよ、唸り声を発しながら羊の群れに割って入り、犬を後方へ押しやるにせよ、スティックで地面を叩くにせよ、犬がそれによって行動を変えたなら、それはコレクションが利いたってことですよね。で、犬はそのかけられたコレクションと、それに続いて起きる報酬(羊を追わせてもらえる)から、自分のとるべき態度を学んでいく。

んでね、私たちの犬は上記のようなプレッシャーを「強制」とはとらないだろうと思うのね。彼らにとっては「なんか違うらしい? 」という感じであって、抑えつけられてるとか、やらされてるとかではなく、この仕事をする上で、「何か間違いがあるらしい」、または「ルールが変わったようだ」という「修正されてる」に近い感覚で受け止めてるのではないかと思います。

Sergeにスティックを投げつけれらて晴天の霹靂のよな顔してたP様も、思いっきり顔をそむけてはいたけれど、逃げ出しはしなかった。仕事を途中で放棄したりもしなかった。もちろん反抗したりもね。はた?と止まって彼らは考え始めたのではないかな?

って、この話は長くなりそうだから、一旦切ろうっと。夜中だし(^^;) 続きはどこで話す?(笑)

武者震い。そうかもしれませんね。またまたSergeの言葉を借りると、P様の中で何か壁が崩れたのかも。新しいステージに入ったと言いましょうか?

投稿: あびちょ | 2008/02/24 02:36

げっ、このコメント長すぎ(^^;)

投稿: あびちょ | 2008/02/24 02:37

プランね、私は、時間を長くとることに決めました。長いスパンで考える、と。

っというのも、私は投げるのはやめます。自分の性格的に、アレは良くない。冷静に投げるのは難しい。

だから、プランは、牧場の犬が一年かかって、、まあ、半年かかってできるようになることは、私とうちの犬達の場合は、6年から10年かけて覚える、ライフワークにします。

今年の目標は、ダダには、時計回りを大きく、ドノは、距離をとる、にします。

投稿: kuro | 2008/02/24 14:18

いろいろ難しいお話のようですが・・・何の為に何をする為にその場所で羊と対峙しているのかを理解出来るようにする事が最初のステップだと思うのですがいかがでしょ。

あさちゃん・・・「強制で教える」は、間違った捉え方だと思います。Pの持つ本来の能力やフランクのラインを引き出すためのヒントを与え続けていると考えた方がよろしいかと。

ちょっと暇人でした。(笑)

投稿: ahirukai | 2008/02/25 12:01

なんとなくわかる気がします、あびちょさんの言ってること。あびちょさんにとっての遠く輝く星はどこにあるのか、早く見つかるといいね。わたしは最近ようやく見つけましたよ。(たぶんね)
ところで、オーストラリアの農場で実際に犬を使って羊を管理してる方と間接的に接触があったのですが(薄い接触だよーーー)、シープドッグの場合も作業の基本、根底には服従がある、という見解だそうで。その話を聞いて以来、日本でシープやってるかたたちが服従というものをどうとらえているのかをうかがってみたくてなりません。

投稿: みろり | 2008/02/26 12:28

>みなさん
コメントありがとうございます。ここがこんなに盛り上がったのは初めてかも(^^;)

私も色々と語りたい(←ほんとか?)のですが、何分未熟者ゆえ、このコメント欄でまとめようとすると、誤解を与えてしまいそうですので、控えさせてくださいませm(__)m

ただ、目標を持つことは、やはり大事だと思っています。私は羊飼いじゃないので、これが仕事ではありませんから、私のような無精者はすぐになぁなぁになってしまいます(^^;)でも、生き物を相手にしている以上、それではイカンだろうと。

目標に向かって、ポリッシュしていく過程で自分も成長できたらいいなぁ~っと思っています(^.^)

それに13日の記事でも書きましたが、ボーダーコリーって、本当に素敵な犬だと思うんです。その類まれなアビリティを堪能する機会を私たちは持ったのですから、それは生かしたいじゃありませんか(^.^)

ストックワークのこと、多くの方と色々お話したいです。また関東方面にも出張しますので、ご一緒してくださいね(^.^)

でで、>みろりさん
そろそろドライブして来てくださっても良いのでは?>パラダイス(笑)

投稿: あびちょ | 2008/02/26 13:08

にゃおたの意見がないのが残念!

投稿: kuro | 2008/02/26 21:31

うふふ、ほんとですね。にゃおた、けっこうインテリだから(笑)

投稿: あびちょ | 2008/02/27 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/40218680

この記事へのトラックバック一覧です: まずはプラン:

« 行ってきました | トップページ | 位置したかった(BlogPet) »