« Our Welsh holidays | トップページ | 謎のシンガポール人 »

2006/12/15

JAHD検査会

先日、既にOFAの予備診断を受け、来年本診断を受ける予定の子犬を除いた、残り5頭のGypの子犬たちが、神奈川県の麻布大学にて、JAHD:日本動物遺伝病ネットワークへの登録を兼ねた腰・膝・肘の検査を受診しました。(実際の診察は多岐に渡り、JAHD登録項目以外にも、靭帯・筋肉の状態等も詳しく診ていただきました)

検査は師走の平日であったにもかかわらず、遠方から犬を飛行機で送ってくださったオーナー様、我が家の車で往復10時間のドライブに付き合ってくださったオーナー様、渋滞が常の首都圏の道路事情もいとわず、参加してくださった関東在住のオーナー様方。みなさんご協力ありがとうございました。お仕事休ませてしまい恐縮でした。

当犬舎の契約は現在のところ、子犬の譲渡に際し各関節の検査を義務化しておりません。繁殖者としてはもちろん、そのデータは蓄積しておきたいものですが、検査の性格上、場合によっては安定剤、麻酔等の処置が必要になることが考えられ、その場合リスクはわずかであるとはいえ、絶対はありません。命の危険がある以上、検査の為にそれを義務化することは、私にはできませんでした。加えて、当犬舎でお譲りする子犬に関しては「契約書」にて「繁殖」を制限してお譲りしておりますので、子犬たちから遺伝性疾患の遺伝子が拡散することもありません。そういう理由により、現在のところは検査・登録の義務化はしておりません。

契約書上では検査を「奨励」と言う言葉にとどめております。しかし、今回のオーナー様方は私の希望に理解を示してくださり、より積極的に検査を受診してくださいました。もちろん、結果の公開にも同意してくださっています。

結果については、把握次第、改めて総括したいと考えております。

画像は、獣医臨床センター前での記念撮影。よぉ~く見るとあの子犬が(笑)

Azabu_2

|

« Our Welsh holidays | トップページ | 謎のシンガポール人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/13081217

この記事へのトラックバック一覧です: JAHD検査会:

« Our Welsh holidays | トップページ | 謎のシンガポール人 »