« National 雑感 その1 | トップページ | 避暑? »

2006/08/10

National 雑感 その2

BONNIEが一番! MOSSが二番(^^;)
いつも読み逃げ、みちゅさんのblogにトラックバック~(^.^)m

ということで(←どういうことで^^;)、先週末に行われたWELSH NATIONALは、Paul Tomkins & Bonnieが1席=’2006 Welsh National Champion そして2席が、Aled Owen & Mossでした。う~~ん残念(T_T) やっぱり、私はベンの親元と言っても過言ではない、Owenさんの応援に(゜o゜)\バキ! 力が入っておりましたA^^;)

AledはBobと出場した2004年に続いて、またもや2席です。2004年といえば、OLFも、ドライブのポイントまでもチャンピオンになったCalvin Jones と同ポイントで並び、結局プレーオフ(とは言わないか?^^;)の末、CalvinとSpotに勝利の女神が微笑むという、稀有な大会でございました。

今年のWelshのRunning orderに、World Champion dog "Bob" の名前は見当たりませんでした。とうとう今年は引退ということでしょうか? だとしたら、これも寂しいことですが、彼の年(10歳)を考えると、しかたないのかもしれません。代わってOwenさん、今年は若いRoyMossの2頭で走りました。

さて、今年のWelshの会場となったPenbedwのコースは、"one of the hardest courses anywhere in the coutry" と、先に発行されたISNで紹介されており、波乱が予想されました。

その記事によると(訳怪しいです^^;)、フラットエリアの左側は観客席やイベント会場などがoutrunを困難なものにしており、右側にはpermanent fence(昔からある石造りの塀のことかな?)があって、犬は200ヤード程の地点で、羊たちのいるフィールドに到達する為に、そのフェンスを越えなければならないようです。さらに右側には林があって、犬はラインを保つためには木々の中を走らなければならず、いったん林の中に入ってしまうと、ハンドラーが次に犬を目視できるのは、liftのために、犬が羊の背後に回った時という過酷な状況。そしてそれはまた、犬にとっても羊を見失ってしまう機会を与えるものです。

これだけでも十分過酷だと私は思うのですが、羊を連れ出す最初のエリアには窪地があって、犬と羊はまたもやハンドラーの視界から消えてしまうのだそうです(^^;) さらには葉が生い茂り密集した木々のせいで、そのエリアは実際より遠く、小さく見えるというillusionのおまけつきなんだとか(^^;)

この過酷なコースに、経験の浅い若い犬でチャレンジするOwenさんを、私は密かに心配していました。「今年はチームメンバー入りはダメかも?」と、、、ところがどっこい(゜o゜)\バキ! そこは生粋のコンペティターでもあるOwenさん、きっちり決めてきましたね。1日目終了時点ではトップに立っていました(^.^) 結局ボニたんに(^^;)もっていかれてしまいましたが、夢を見させていただきました。

それにしても、どうよ? このコース。リタイア続出ですし、前週のScottishのトップから15席までのポイントが200~173であるのに対し、WelshはトップのBonnieが183、Mossが178。いかに難コースだったか想像できるというものです。

この過酷な状況に主人の笛の音と、自身の強い意志だけで駆け出して行く、賢くタフな本物のワーキングシープドッグたちを、この目で見に行きたくなりますね(^.^)

あ、そうそう。International Trialの時に、確かドライブパートだけの選手権があるのですよね? (若干自信がない^^;) たいていは各ナショナル・チャンピオンが出場するのですが、Welshはなぜか、OwenさんとMossが走るようです。これもまた楽しみです(^.^)

|

« National 雑感 その1 | トップページ | 避暑? »

コメント

あびちょさん、ご無沙汰してまーす!
ブログ読んでくださってたんですね(^^;
稚拙な文章で、恥ずかしいです。。。
トラックバックしていただくような内容でもないのに
ありがとうございますm(_ _)m

知識豊富なあびちょさんのブログ
読んでいてとってもためになります♪
Driving dogのこともようやく理解できました!
ありがとうございます♪♪

OwenさんとMoss、残念ながら2位でしたね(>_<)
そうですよね〜Owenさんのところは
べんちょさんのご実家といっても過言ではない!
MossがInternationalでDriving Championになる
可能性もあるから、楽しみですね(^O^)
わたしも陰ながら応援させていただきます♪

で、あびちょさんはInternationalを
見に行かれたりしないのでしょーか!?

投稿: みっち | 2006/08/12 13:42

みっちさん、すんまそんm(__)mいつも読み逃げで(^^ゞ また、そちらにも上がらせていただきます(^^;)

ベンの画像やビデオクリップは逐次Owenさんに回されてるようで、ベンぞ~の元気な姿を喜んでくれてるそうです。

International見に行ったりしたいのですが、何分「長男の嫁」で「犬貧乏」なので、シーズン中のUKへの渡航は中々難しいです(T_T)

んでも、次のWorld Trialはベンに出てもらって、応援で同行しようかと(゜o゜)\バキ!

みっちさんは、International見に行ったりしないのですか?

投稿: あびちょ | 2006/08/16 09:43

>んでも、次のWorld Trialはベンに出てもらって、応援で同行しようかと(゜o゜)\バキ!
わ〜い♪♪ぜひぜひベンさんには出場していただきたいデス(*^-^*)
その時はわたしもコッソリ同行に混じって応援したいなぁぁ。。

Internationalを見に行きたいのはヤマヤマですが
今年は無理〜(T_T)ハネムーンで狙ってたんですが
即却下されました。

そうそう、あびちょさんの前の記事に書いてあった
雑誌、わたしも未だに大切に持ってます!
ハンドラーも犬も実にいい表情ですね♪
競技中に亡くなった方がいたというのは
噂には聞いていたんですが
あの雑誌に載っていた方とは知りませんでした。
実はあの雑誌、うちの犬の曾お祖母ちゃんにあたる
犬もちょこっと写真が出ていて、
それで今でも大切にしています。

投稿: みっち | 2006/08/21 09:54

コッソリなんて言わずに堂々とご一緒してくださいませ~(笑)(←ありえないと思っているので、何でも言える^^;)

でで、ハネムーンですか?おめでとうございます~(^^)/ ご結婚。近々ですか? いやぁ~めでたい♪♪ 私が言うのも何ですが(^^ゞ、ハネムーンにスコットランドって、とってもいいと思うんですけど>ご新郎様(^^;)

あの雑誌。持ってるのですか?物持ちいいですね~。私も持ってるはずですが、すぐには見つけられません。みちゅさんの犬の(ボニたんの方かな?)曾お祖母ちゃんが載ってるんですね(^.^) ちょっと探してみよっかな(^^;)

投稿: あびちょ | 2006/08/22 12:25

↑あ、すんまそん。「みちゅさん」だって。そりゃ犬の名前ですがね~(゜o゜)\バキ!
ごめんなさい、「みっちさん」ですね(汗)

投稿: あびちょ | 2006/08/22 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/11362410

この記事へのトラックバック一覧です: National 雑感 その2:

« National 雑感 その1 | トップページ | 避暑? »