« 楽しかった!! | トップページ | 凹んでいる場合ではない! »

2006/06/07

本部展に行ってきた。

いったい何年振りだろう? (ヒースが来てから初めてだから、5年ぶりかな?)JKCのアジリティー本部競技会(FCIインターナショナルアジリティー競技大会)に行ってきました。いやぁ~幕張メッセは遠かった。帰りの車中は私もちゃろさんも魂抜けてて、いつ事故起こすかとヒヤヒヤでした。ああ、無事に帰宅できて良かったわ(^^;)

こんなシンドイ思いをして、恐怖の首都高抜けて千葉くんだりまで出かけたのには、実はワケがありました。今回の本部展のジャッジMr. Saso Novakは、たみこの親元、Alen(Mawlch kennel)の親しい友人であるからです。私はMr. Novakとは2002年のドイツの世界大会の会場で、Alenから紹介されて一度お会いしたことがあり、その時彼から「あなたの犬はとても良い犬ですよ(^^)」と、言葉をかけてもらっているのです。ええ、本当にその言葉どおり、その時一緒に帰国した、たみこ(Mawlch Gyp)は、私たちには過ぎた良い犬です。ですから、なんとしてもMr. Novakに、彼の友人の繁殖犬が遠い異国の地でも、元気に頑張っているところをお見せしたかったのでした。

大会直前にヒースが体調を崩し、点滴を打っての参加になるというアクシデントもありましたが、それでもヒースは当日、元気すぎるくらい元気で、AGではそれまで散歩にも行けなかった反動からか、はじけまくって、ここ1年飛んだことなどなかったドッグウォークの下りを飛び、さらに失格というはじけぶり(涙)「こんな状態の犬を遠征させるなんて鬼です」と動物病院のスタッフさんに言われたワタクシ。どうやらバチが当たったようです(-_-)

たみこっちは、JPをまさかの秒殺( ̄□ ̄;) これで、いったいどの顔さげてMrに挨拶に行けるのか?と、暗くなる。。。でも、ちゃろさん、AGでは踏ん張ってくれました。たみこは一ヵ所踏ん張りきれずに(^^;)、床に顎擦ってましたが(いや、これがヒドイ床だったのよねーー;)、それでも何とか持ち直してクリーンラン=2席(^.^)。ああ、良かった。これで何とか笑顔で挨拶に行ける、、、と。ですが、Novak氏、その日は3度クラスのジャッジをされたのですが、それ以外はほとんどの時間を本部席の真ん中に座って、熱心に観戦されており、なかなか会場内を徘徊(^^;)されず、、、こちらも2頭の出陳であたふたしたりで、結局閉会式が終わった直後にやっと、JKCのお偉いさん方と談笑中のMr.を強引に捕まえて、少しだけお話することができました。たみこの2席のロゼッタを見て、とても喜んでくれました。当のたみこさんは、以前ドラハでマルコ・モーエンさんに会ったとき同様、大きな外人さんに少し戸惑っていたようです。Novak氏は、笑顔が印象的なフレンドリーな紳士でございました。

ただ、私の貧弱な英語力では、とっさに「姪っ子」という単語が出てこなくて、Novak氏所有のMawlch Shepと、たみこが"half sister"と理解されてしまったことが、残念でございました。Novak氏も、傍にいたJKCのスタッフに「私の犬の異母姉妹」って紹介してしまったし、、、でも、違うんです。姪っ子なんですわ~(^^;)

帰宅すると、早速Alenから「競技会はどうだった? Sasoとは話せた?」というメールが(^^;) 単語並べただけなんだけども、お話しといて良かったわ~(^^) これで、Novak氏が「元気にしてたよ、頑張ってたよ」って、Alenに報告してくださると嬉しいのですが、、、それにしても、こんなインターナショナルな出会いを運んできてくれるのも、犬たちがいてくれるからですね。いつも素敵な縁を運んで来てくれる犬たちにあらためて「ありがとう」を送ります。

余談ですが、、、わたくし、たみこの競技会生活で今回初めて、彼女がAGをクリーンランするのを見させていただきました。彼女の1度時代のCRは全て私が行けなかった競技会で実行されていて、、、今の今まで自分の目で彼女がAGをCRするところを見たことがなく、「この犬は本当にCRしたんか?」と疑ってたほどです(笑) すんまそん>ちゃろさん。これからは遠慮なく私の目の前でもCRしてくださいね(^^;)

|

« 楽しかった!! | トップページ | 凹んでいる場合ではない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101582/10427414

この記事へのトラックバック一覧です: 本部展に行ってきた。:

« 楽しかった!! | トップページ | 凹んでいる場合ではない! »