« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/23

君よ涙の河を渉れ

終了を告げるホイッスル。悲痛な面持ちの選手たちが、1人、また1人とピッチを去っていく中、あなたは随分と長いことピッチに倒れていましたね。泣いていたのでしょう?

悔しくて、悔しくて、悔しくて、腹立たしくて、情けなくて、切なくて、、、でも、あなたがその敗北の涙の底から、「このままでは終われない」と思ってくれたとしたら、私は素直にそれを喜びたい。少なくとも私は、あなたのプレーをこの世界最高の舞台で、もう一度見たいと思っているから。

この3戦を通して、あなたが見せてくれたプレーは、最後まで私を勇気付け、あなたの魂は、私の心を揺さぶり続けました。あなたが見せた泥臭いまでの勝利への執念は、本物のプロフェッショナルのそれでした。ありがとう中田英。どうか、また帰ってきてください。そして「落し物」を拾いに南アフリカを目指してください。待ってるよ。

君よ涙の河を渉れ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/21

もう。。。

終わりました。私のワールドカップ(←お、おいーー;)

あんなゲームされたら、そういう気にもなりますわな。でもね、そう言いつつもきっと見ちゃうんですよ、、、4時起きで。ああ、私ってけなげ(゜o゜)\バキ!

某所でUPされてる "XXXXgisawa Super Shoot !!!" と題されたビデオ。
"the striker is too shy on goal, maybe he should do a Japanese bow to the goalkeeper first."
外人さんにまで、こんなコメントを書かれてしまったY君他FW陣。ワタクシ、贅沢は言いません。一つでいいです。一つでいいですから、まともなゴールを見せてください。お願いしますm(__)m

明日の明け方は注目の一戦。アルゼンチン × オランダがありますね。起きれるかな?(^^;)

それと~。明日の「いいとも」テレフォンショッキングのゲストは充さんです(^.^) や~今から♪♪♪。なんたって「生」ですからね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/17

凹んでいる場合ではない!

凹んでいる場合ではない、もう後がないではないか? 失うものは何もない。勝たなければならない。

先週の日曜日、JKC中部ブロック・アジリティ@重馬場の御殿場。我が家はハンドラー2人で4走して3失格。しかもこの失格、全て秒殺だ。。。もう語ることは何もありまへん(^^;) それから今日まで、犬がらみでは凹むことばかり続いた。犬関係も凹むことばかりだが、実は家も凹んでいて、まもなく15年目を迎えようとする嫁入り道具の家電たちが、次々と壊れていく(涙)おまけに、たみこももう4歳。そろそろ大丈夫だろうと初めて購入したソフトクレートを、おろしたその日(御殿場で)に、一瞬でゴミ箱送りにしてくれた。ああ、だてにクロアチア時代に「ターミネーター」とあだ名されてたわけではなかったのだ(T_T)

と、クロアチア!!そうだクロアチアなのだ! 我が家にはクロアチアを故郷に持つチビっ子がいるのだった。首都ザクレブに生まれ、ほんの幼い頃にはるばる海を渡ってやって来た、私の可愛い小さな黒犬。私の住むこの街で、これまで日常的に「クロアチア」という国を意識して暮らしている人が、いったい他にいただろうか?だが、しかし、今やテレビをつけても、新聞を広げても、電車に乗っても、ラーメン屋のカウンターでだって、「クロアチア」が目に耳に飛び込んでくる。今この瞬間も隣の友人と「クロアチア」について語っている人は1人や2人ではないだろう。

私にとっては、ヨーロッパ大陸で、今や最も親近感を持っている国「クロアチア」。だが、そのクロアチアに、私たちは勝たなければならない。マイナス面を伝えるメディアは封印して、とにかく今はクロアチアに「勝つ」ことだけを信じよう。凹んでいる場合ではないのだ。前を向くのだ!頼むぞ中田、頼むぞ中村、頼むぞ川口。思いは色々あるだろうが、今は「勝つこと」だけを考えてくれ!

豪州戦の翌朝、ザクレブのAlenからメールが届いた。「日本はよくやった。終盤でディフェンス陣が集中力を欠いたのが残念だったね」と。。。おととい私も彼にメールを送った。ブラジル戦の善戦を称え、次の「日本-クロアチア戦が厳しい戦いになるだろう」と。そして 最後に "We have nothing to lose. Anyway we must win!" と一行書き添えた。そうなのだ、凹んでいる場合ではないのだ>自分!!!

しかし、昨夜のアルゼンチン。あれは何なんだ? 強い! いや凄い!オランダ戦が待ち遠しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

本部展に行ってきた。

いったい何年振りだろう? (ヒースが来てから初めてだから、5年ぶりかな?)JKCのアジリティー本部競技会(FCIインターナショナルアジリティー競技大会)に行ってきました。いやぁ~幕張メッセは遠かった。帰りの車中は私もちゃろさんも魂抜けてて、いつ事故起こすかとヒヤヒヤでした。ああ、無事に帰宅できて良かったわ(^^;)

こんなシンドイ思いをして、恐怖の首都高抜けて千葉くんだりまで出かけたのには、実はワケがありました。今回の本部展のジャッジMr. Saso Novakは、たみこの親元、Alen(Mawlch kennel)の親しい友人であるからです。私はMr. Novakとは2002年のドイツの世界大会の会場で、Alenから紹介されて一度お会いしたことがあり、その時彼から「あなたの犬はとても良い犬ですよ(^^)」と、言葉をかけてもらっているのです。ええ、本当にその言葉どおり、その時一緒に帰国した、たみこ(Mawlch Gyp)は、私たちには過ぎた良い犬です。ですから、なんとしてもMr. Novakに、彼の友人の繁殖犬が遠い異国の地でも、元気に頑張っているところをお見せしたかったのでした。

大会直前にヒースが体調を崩し、点滴を打っての参加になるというアクシデントもありましたが、それでもヒースは当日、元気すぎるくらい元気で、AGではそれまで散歩にも行けなかった反動からか、はじけまくって、ここ1年飛んだことなどなかったドッグウォークの下りを飛び、さらに失格というはじけぶり(涙)「こんな状態の犬を遠征させるなんて鬼です」と動物病院のスタッフさんに言われたワタクシ。どうやらバチが当たったようです(-_-)

たみこっちは、JPをまさかの秒殺( ̄□ ̄;) これで、いったいどの顔さげてMrに挨拶に行けるのか?と、暗くなる。。。でも、ちゃろさん、AGでは踏ん張ってくれました。たみこは一ヵ所踏ん張りきれずに(^^;)、床に顎擦ってましたが(いや、これがヒドイ床だったのよねーー;)、それでも何とか持ち直してクリーンラン=2席(^.^)。ああ、良かった。これで何とか笑顔で挨拶に行ける、、、と。ですが、Novak氏、その日は3度クラスのジャッジをされたのですが、それ以外はほとんどの時間を本部席の真ん中に座って、熱心に観戦されており、なかなか会場内を徘徊(^^;)されず、、、こちらも2頭の出陳であたふたしたりで、結局閉会式が終わった直後にやっと、JKCのお偉いさん方と談笑中のMr.を強引に捕まえて、少しだけお話することができました。たみこの2席のロゼッタを見て、とても喜んでくれました。当のたみこさんは、以前ドラハでマルコ・モーエンさんに会ったとき同様、大きな外人さんに少し戸惑っていたようです。Novak氏は、笑顔が印象的なフレンドリーな紳士でございました。

ただ、私の貧弱な英語力では、とっさに「姪っ子」という単語が出てこなくて、Novak氏所有のMawlch Shepと、たみこが"half sister"と理解されてしまったことが、残念でございました。Novak氏も、傍にいたJKCのスタッフに「私の犬の異母姉妹」って紹介してしまったし、、、でも、違うんです。姪っ子なんですわ~(^^;)

帰宅すると、早速Alenから「競技会はどうだった? Sasoとは話せた?」というメールが(^^;) 単語並べただけなんだけども、お話しといて良かったわ~(^^) これで、Novak氏が「元気にしてたよ、頑張ってたよ」って、Alenに報告してくださると嬉しいのですが、、、それにしても、こんなインターナショナルな出会いを運んできてくれるのも、犬たちがいてくれるからですね。いつも素敵な縁を運んで来てくれる犬たちにあらためて「ありがとう」を送ります。

余談ですが、、、わたくし、たみこの競技会生活で今回初めて、彼女がAGをクリーンランするのを見させていただきました。彼女の1度時代のCRは全て私が行けなかった競技会で実行されていて、、、今の今まで自分の目で彼女がAGをCRするところを見たことがなく、「この犬は本当にCRしたんか?」と疑ってたほどです(笑) すんまそん>ちゃろさん。これからは遠慮なく私の目の前でもCRしてくださいね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

楽しかった!!

もうこの一言に尽きます(^.^) ありがとぉ~~>SOPHIA

セットリストも前半戦から一曲は変更になって、さらに一曲増えてました。変更になったのは「青い季節」これが京都では、「Early summer rain」に変ってました!18日にチラッと書きましたが、生で聞きたかったんですわ~「ありさま♪」 雨ばかりの5月だから、「ひょっとしたらやってくれるかも?」と思ってましたが、嬉しかったです。「青い季節」も大好きで、都さんの疾走感あふれるピアノも聴きたかったですが、今ならやっぱり「ありさま♪」でしょ(^^)

ライブ前の私の希望。勝率は5割くらい(^^;)
黒ちゃんに関しては、「にゃい~ん」も聞けたし、投げキッスもしてくれた。これで演奏中の笑顔を目撃できたら、最高だったと思うのですが、、、いかんせん充さん中心で見てしまって、たまに黒ちゃん見ると、たいていクールにとばしてました(^^;)

が、しかし、、、充さんへの私の願いは届かなかったなぁ(涙)。あきのちゃん勝利~!
なんで白いパンツやねん!なんでそれをまた、わざわざブーツに入れるねん!王子様系の魚屋さんか、はたまた給食のおばさんかい?(゜o゜)\バキ!  同じ魚屋さんでも、ジル君のブーツインは許せるんだけど(^^;) てか、、、ジル君、最高でした(笑)

そして会場一面に広がるひまわり畑! ほんとに壮観でちょっと感動した。次こそは、私も持っていくぜぇい@マイひまわり!

あとは、当日のあんなこと、こんなことを、箇条書きで(^^;)

・京都駅で、新曲キャンペーン中の森進一を観た(笑)
・京都は、ちょっと歩いただけでも、そこかしこが京都だった。
・グッズ購入で、黒ちゃんの愛猫シンバがデザインされたピックを買ったつもりが、ベースのイラストの方だった(涙) 裏返して見たら、ちゃんとシンバがベース持ってました。アホや~んワタシ(^^ゞ
・ライブ前半の衣装。黒いパンツ姿の充さんの足は、めっちゃ細かった。
・充さんの髪が獅子舞の獅子みたいだった。でも前髪はおろしてた(←Good job)
・ジル君が、「どろぼ~だ~?」だった(^^;)
・Yes, attentionの時、充さんが片足ずつぴょこぴょこ上げるのがかわいかった(30半ばで、こんなにかわいくていいのか?)。
・バラードが続くと、やっぱりちょっと辛い(゜o゜)\バキ!
STRAWBERRY&LIONのライブバージョンが意外に良かった!
・ドラムのトモ君がお誕生日で、充さんから「歌わせてやろう」と、特別に?許可され、「銀河鉄道999」をアカペラで歌った(ゴダイゴじゃなくってよ)。
・ドラムのトモ君のお誕生日で(←シツコイ^^;)最後にみんなでHappy birthdayを歌った。
・とにかくよくしゃべる人たちだった。関西人やね(笑)
・ライブの間中ずっと跳ねてる若い子たちに感心した(^^;)
・私はいつの間にか、けっこう歌詞を覚えていて、自分でびっくりした。
・筋肉痛は2日後にやってきた(・_。)ドテッ!

ま、そんなこんなで、結婚以来初めてのライブ参戦は、急遽相方をつとめてくださった、あきのちゃんのおかげもあって、そりゃあ~もう楽しい時間になりました。お付き合い、ありがとうね>あきのちゃん(^.^) また次もよろしくっす(゜o゜)\バキ!

んでもって、30過ぎて、↓こんなことやってるSOPHIAが愛しいです(^^)

Sophia1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »