« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/26

天高く

天高く犬まるまる秋!

130_3031 130_3036 130_3032

| | コメント (4) | トラックバック (0)

産休明け

先週末は、平塚→静岡2daysで、競技会に参加。

ヒース。4走3失格とボロボロ(・_。)ドテッ!、救いは久々にJPを完走できたことだけ(-_-)

たみこ。2CR、1完走(1ミス)、1失格。で、産休明けとしては、まぁまぁでした。と言っておこう(^^;)

203_0374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

アジリティ→温泉→アジリティ→温泉(^^;)

妙高のお宿はここ。妙高といえばもう新潟県だ。ちゃろさんが、こんな遠くまでドライブしてくれる気になったのも、このホテルに広大なドッグラン(早い話がゲレンデ^^;)と、そして何よりアジリティセットがあったからだ。それもよくある「お宿のオーナーの手作り系」といったものではなく、JKCの競技会なんぞでも使用される赤と黄色の例のヤツである。

3日間の滞在中、お天気が悪く、ずっと霧雨やら雨が降っていた。おかげで昼間でも気温が上がらないので、ばりばりアジ練ができてしまった(ーー;)

熱心に練習するちゃろさんに「これじゃ、パラダイスにいるのと変わらん」と言ったら、「いや、違う。パラダイスはアジリティ→昼飯→アジリティ→晩飯だけど、ここはアジリティ→温泉→昼飯→アジリティ→温泉→晩飯だから」といばられた。いばられてもなぁ~┐('~`;)┌

んでも、ずっと子育てで、練習できなかった練習大大大好きなたみこっちが、本当に嬉しそうに集中して楽しんでいたから、良しとしましょう(^.^)
あ、ワタシ? 私とアビ&ヒスも楽しみましたよ~。トレッキング?にフリスビー、お宮参り。それに茶色はアジ練観戦と、アビィ姐さんはアジ練乱入なんぞを(笑)

天気が悪くカメラを出す気になれなかったので写真はないのだが、この旅では、初めて「笹ヶ峰高原」も歩いてみた。妙高山への登山口で以前、妙高山に登った時に「この麓の高原も歩いてみたい」と思わせた、素晴らしい森と牧場が広がる高原だ。日本最大のドイツトウヒの森にはウッドチップを敷き詰めたジョギングコースがあり、犬の足にも優しかった。霧が立ち込める深い森は、ヨーロッパの黒い森を歩いている雰囲気であった。。。ってヨーロッパの森なんて歩いたことないんですけどぉ(^^ゞ

この旅行の画像はアルバムにて。左のメニューバーからどうぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

戸隠蕎麦

先月の終わりごろ、色々と慌しかったこの夏の骨休め?に、秋本番を迎えた戸隠と妙高に行ってきた。妙高といえば、むかぁ~しむかし、何度かスキーで行った場所。火打山と妙高山には山歩きでも行ったことがある。とまぁ私にとっては思いで深い土地なのだ。

で、戸隠。戸隠と言えば、蕎麦っしょ。戸隠はその土地の性格上、稲の生育には適さず、その代わり稲にとっての悪条件が蕎麦にとっては最適だったのだそうだ。(詳しくはコチラをどうぞ)

やぁ~、んまかった!!!素朴で地味にあふれ、かつ爽やか。まさに土地の恵み。戸隠というところは、とにかく「蕎麦屋」だらけだ、「蕎麦屋しかない」と言っても過言ではない。まさに蕎麦好きにとっては天国のようなところだ。行きと帰りに一軒づつ寄ってみたが、最初の一軒の蕎麦は特に良かった。が、しかし、「完璧な天ざる」というのには、ここでも出会えなかった(T_T) 

このお店。蕎麦は良かったのだ。これまで私が食した経験(って、たいした数ないですが^^;)の中でも一、二を争う清冽な味だった。なのに、ああそれなのに、どうして「あの天ぷらなんだぁ~~~!!!」今思い出しても寂しくなる(^^;) せっかくあれだけの蕎麦を出しているのだから、もうちょっと天ぷらにも魂を注いでくれないもんだろうか? 帰りに寄った店でも性懲りもなく天ざるをオーダー。このお店は蕎麦こそ昨日のお店に軍配を譲ったが、天ぷらはそれでもまだましだった。けどね~、何といってもメインはお蕎麦ですからねぇ(--)。

ちゃろさんは、こういう「美味そうな」蕎麦屋では天ざるのような色物?は頼まず、あくまで蕎麦だけを純粋に楽しむ人だ。たいていざるを大盛りで、あるいは2枚頼む人なので、大変幸せそうであった。私も評価はあくまで蕎麦でくだすべきなのだろう。。。しかし私はこれからも性懲りもなく「天ざる」を頼み続けるだろうと思う。その「天ざる」だが、メニューの全体的な完成度(笑)から評価すると、実は我が街の某お蕎麦屋さんが今のところ総合1位かもしれない(^^;) ただ、純粋に蕎麦だけなら、やっぱり戸隠もんにはかなわないんだけど。

さて、念願の戸隠蕎麦を食べることができた今、次なる目標の土地はあの開田高原である。信州という土地は、白馬であろうが蓼科であろうが、どこに行っても蕎麦、蕎麦、蕎麦であるが、私の中では北の戸隠南の開田だ。開田の蕎麦も大変美味い。その辺の観光センターみたいな施設で、土地のおばあがガラスの向こうで打ってるような蕎麦が、かなり美味い(^.^)。開田高原を背後に控える木曽福島にも何軒かの名店がある。新蕎麦の収穫が始まった10月。なんとか行けないものだろうか? ねぇ、、、ちゃろさん?? ねぇ、ねぇ、アジも良いけど味を極めるのもいいと思いません?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »